グルコサミン サプリメント 製造元

グルコサミンサプリメントは自分にあった製造元のものを!

グルコサミン,サプリメント,製造元

 

 

 グルコサミンは医薬品ではありません。
年齢と共に失われる軟骨成分は、普段の食事では気を付けていても十分な量を摂取できません。
不足がちな軟骨成分を補って、健康で快適な生活が送れるよう開発された健康食品なのです。

 

 グルコサミンは、自然界ではカニやエビなど甲殻類のキチン質の主要成分としてたくさん存在している物質で、グルコースにアミノ基が付いたアミノ糖です。
しかし、グルコサミンの製造元によっては植物由来のグルコサミンを原料としている物もあります。
発酵の持つ自然のちからを生かして作った植物由来のグルコサミンで、例えば協和発酵バイオのグルコサミンがそれです。
エビやカニなどの由来ではないので、エビやカニのアレルギーが気になる方にも安心して摂れるサプリメントです。

 

 

 このようにグルコサミンの製造元の会社によってもそれぞれの思いで、それぞれのポリシーで製造販売されています。
グルコサミンが作られている会社は複数あります。
その中から、自分に一番合ったグルコサミンが選べたら良いですね。

 

 

 昔、中学の時の美術の先生の言った言葉をなぜか未だに覚えているのですが、私たち生徒が絵を描いているときに、ドカッと椅子に足を立てて座りながら「お前たちな、よく聞けよ!お葉漬けだって栄養があると思って食べれば本当に体のためになるんだぞ。」と、言いました。
お葉漬けとは、今でこそ「野沢菜漬け」なんて言っていますが、昔の長野県の農村部ではお葉漬けと呼んでいました。
先生はそのお葉漬けだって栄養があると思って食べれば栄養になるんだから、お前たちもテレビを見ながら食べないでしっかり食べろと言うのです。

 

 当時はお葉漬けなんて栄養がないと思っていました。
しかし、今ではお葉漬けは植物性の乳酸菌があり、その効果も表明されています。
ヤクルトなどの乳酸菌は胃の中で死んでしまい腸にまで到達できないのですが、植物性の乳酸菌は腸まで到達することも証明されています。
脳のメカニズムからも、栄養があると思って食べればほんとうに栄養になることも証明されています。
そのときの美術の先生がそのことを知っていて言ったわけではないのですが、今考えれば当たっています。

 

 薬でも化粧品でもサプリメントでも「自分に合っている」ということが大事です。
幸い複数のグルコサミンが販売されているのですから、自分にあったグルコサミンを探して飲むことをお勧めします。
そのことでより有効に体に働きます。

 

 

>>グルコサミンの効果的な服用について


グルコサミンサプリメントの製造元について関連ページ

グルコサミンは加齢とともに失われる成分です
グルコサミンは年をとると身体から失われていくので、サプリメントとして補ってあげることが大切です。
グルコサミンの効能・効果とは
グルコサミンは関節における軟骨の保護の効果があり、関節痛や肩・腰の痛みに効果を期待できます。
グルコサミンの副作用について
グルコサミンサプリメントにも少しながら副作用はあります。必ず、使用上の注意をみて、適切に服用するようにしましょう。
グルコサミンが飲まれている年代は?
グルコサミンは50代、60代の男女によく飲まれています
グルコサミンの摂取量と価格について
グルコサミンは定められた摂取量を守って服用することが大事です。価格はメーカーにより異なるので、自分にあったグルコサミンを選びましょう。