グルコサミン 副作用

グルコサミンの副作用に注意しましょう

グルコサミン,副作用

 

 

 どんな薬にも副作用は少なからず付き物と言われていますが、グルコサミンのサプリメントも例外ではありません。
グルコサミンは、カニやエビやヤマイモなどの食品に含まれている成分から生成してあり、特に問題となる副作用はないはずですが、エビやカニなどの甲殻類から生成されたものでは、それらのアレルギーのある人にとっては害になってしまいます。
概ねグルコサミンはカニやエビの殻から抽出したものが多いため、甲殻類にアレルギーがある場合は、製品の原料をしっかり確認するなどの注意が必要ですが、これはアレルギーのある人に限らず大事なことです。

 

 また、飲む量が少なすぎると効果が期待できませんし、多すぎると確実に害になりますから、飲む量も当然気を付けなければいけません。
グルコサミンの1日の摂取量の目安は、1000mg 〜 1500mgが適量とされています。
グルコサミンの過剰摂取は、ごくまれに は胸焼けや胃痛他、吐き気や消化不良などを起こしたケースもあります。そのため、グルコサミンに限らずサプリメントや健康食品の服用には、過剰摂取にならないように製品に書いてある注意書きやホームページなどで確認することをおススメします。

 

 またクマリン血液凝固阻止剤を利用している患者さんにとっては、グルコサミンを飲むことのリスクが指摘されています。
これは、グルコサミンとワルファリン又はアセノクマロールが、クマリン血液凝固阻止剤と同時に摂取することで、血液凝固阻止作用が異常に強まってしまう可能性があるからです。

 

 せっかく健康的な体のためにと飲んでも、副作用が起きてしまっては意味がありません。
胃が弱い方や、妊婦さんは飲む前に医師に相談することをお勧めします。

 

 

>>グルコサミンの効果を確かめてみませんか?


グルコサミンの副作用について関連ページ

グルコサミンサプリメントの製造元について
ご自身に一番合った製造元のグルコサミンサプリメントを選ぶことが最も重要です。
グルコサミンは加齢とともに失われる成分です
グルコサミンは年をとると身体から失われていくので、サプリメントとして補ってあげることが大切です。
グルコサミンの効能・効果とは
グルコサミンは関節における軟骨の保護の効果があり、関節痛や肩・腰の痛みに効果を期待できます。
グルコサミンが飲まれている年代は?
グルコサミンは50代、60代の男女によく飲まれています
グルコサミンの摂取量と価格について
グルコサミンは定められた摂取量を守って服用することが大事です。価格はメーカーにより異なるので、自分にあったグルコサミンを選びましょう。