グルコサミン 成分

グルコサミンは年をとると身体から失われていきます

グルコサミン,成分

 

 

多くの人が膝や関節の痛みを解消したくて飲んでいるグルコサミンですが、グルコサミンとは、ブドウ糖と呼ばれる 「グルコース」と、アミノ酸と呼ばれる「グルタミン」が結合した天然のアミノ糖類の一種です。
グルコサミンを含む食品には、自然界ではカニやエビなどの甲殻類に多く含まれています。
カニやエビの外殻を作っているキチン質という成分に特に多く含まれています。

 

また、植物性のグルコサミンもあり、山芋や納豆などのネバネバしている部分の「ムコ多糖類」 という 成分にグルコサミン多く含まれていますから、カニやエビのアレルギーのある方にはちらがお勧めです。

 

グルコサミンは、人間の体内にも存在していて、軟骨や靭帯、腱や爪他皮膚などを構成して、軟骨細胞を生成しています。
しかし年を取ると共に自分の体内で生成されるグルコサミンの量が減っていきます
そして、足やヒザの痛みとなって現れるというのが私たちの体とグルコサミンのメカニズムです。

 

また、加齢ばかりでなく、肥満や運動不足などによっても軟骨の再生不良が起きます。
そして、腰痛とか膝の痛みが発生し時には関節炎などに進行することもあります。

 

年と共に減っていくグルコサミンをサプリメントや健康食品で摂ることが必要になってきます。
ただ、大切な体です。
身体に吸収される物だけに、グルコサミンを選ぶときは有名食品メーカーや、安心できる製薬会社の製品を選んで購入することをおススメします。
成分もしっかり検討したり、飲み方や飲む量も説明書きをよく読んで正しく飲んでください。正しく飲むことで身体に効率よく吸収されます。

 

 

>>グルコサミンの効果的な摂取方法について


グルコサミンは加齢とともに失われる成分です関連ページ

グルコサミンサプリメントの製造元について
ご自身に一番合った製造元のグルコサミンサプリメントを選ぶことが最も重要です。
グルコサミンの効能・効果とは
グルコサミンは関節における軟骨の保護の効果があり、関節痛や肩・腰の痛みに効果を期待できます。
グルコサミンの副作用について
グルコサミンサプリメントにも少しながら副作用はあります。必ず、使用上の注意をみて、適切に服用するようにしましょう。
グルコサミンが飲まれている年代は?
グルコサミンは50代、60代の男女によく飲まれています
グルコサミンの摂取量と価格について
グルコサミンは定められた摂取量を守って服用することが大事です。価格はメーカーにより異なるので、自分にあったグルコサミンを選びましょう。