コンドロイチン 成分 製造元

コンドロイチンの成分・製造元について

コンドロイチン,成分,製造元

 

 

コンドロイチンのサプリメントは、「大正製薬」「サントリー」「協和発酵バイオ」「資生堂株式会社」「ゼリア新薬工業」などの多数のメーカーで製造販売しているサプリメントです。

 

我が国でのコンドロイチンの歴史は浅いのですが、ドイツでは古くからこのコンドロイチンの働きに目を付けて研究がされてきました。
コンドロイチンは1861年にドイツで軟骨から分離されましたが、1861年といえば日本ではまだ江戸時代ですから、かなり古いと言えます。
コンドロイチンの語源は、ギリシャ語で軟骨の意味を現す「コンドロス」を起源とした言葉です。

 

日本でのコンドロイチンの歴史は、マルハ株式会社がサメヒレから、抽出したサメ軟骨由来として「食用コンドロイチン」が作られましたが、それが日本のコンドロイチンの草分け的な製品となっています。
その後各メーカーでの研究が進み、テレビで盛んにCMを流している影響もあり、今ではコンドロイチンのサプリメントを知らない人はいないほどの存在になっています。

 

コンドロイチンは私たち人間の体内に常に存在している物質で、グルコサミンと同じく、常に体内で合成されますが、コンドロイチンもまた、加齢とともに減少してしまいます。
その結果、皮膚の保水力を失しなわれ、目の衰え他、関節の衰えなどのいわゆる老化現象となって現れます。
毎日少しづつ補給していく事が大切なのですが、この補給に役立ってるのがコンドロイチンのサプリメントです。

 

知人は60歳近くになって50肩になり、整形に通ったり、ハリ治療にも通ったのですが思わしくなく、人からコンドロイチンを勧められて飲みはじめましたが、気のせいか腕の動きがいくらか良くなってきたと言います。
60歳近い彼女ですから、当然コンドロイチンの合成も少なくなっていると思いますので、コンドロイチンのサプリメントを飲んで効いてきたのは気のせいではないと、私は確信して見ています。

 

 

>>グルコサミンとコンドロイチンの詳細はこちら!


コンドロイチンの成分・製造元について関連ページ

コンドロイチンの成分量には注意
コンドロイチンの成分量には注意してください。しっかりと含有量が十分にあるコンドロイチンサプリメントを選びましょう
コンドロイチンの効能とは?
コンドロイチンは関節のクッションになるだけではなく、保水力も優れており化粧品などにも応用されています。若さを保つためにもコンドロイチンは必要です。
コンドロイチンの副作用について
コンドロイチンの副作用と服用を控えるべき方とは。
コンドロイチンが飲まれている年代は?
コンドロイチンを好んで飲まれている世代は50代の年配の方が多いようです。
コンドロイチンの摂取量と価格について
コンドロイチンは他のサプリメントに比べてお手頃な価格のものが多いようです。