コンドロイチン 成分

コンドロイチンの成分量には注意!

コンドロイチン

 

コンドロイチンは、人間の体の関節にある軟骨に存在し、軟骨の30%を占める成分です。
粘膜にもコンドロイチン多く含まれているため、関節の病気や、皮膚や目などの粘膜の治療などにもコンドロイチンが利用されています。

 

医療用のコンドロイチンの成分は、サメの軟骨を利用して作られています。
サメの軟骨のふかひれは、上質のコンドロイチンが豊富に含まれており、非常に身体への馴染みがいいとされています。

 

今、多くの人に知られて愛飲されているコンドロイチンですが、一般に売られているコンドロイチンのサプリメントにもサメの軟骨が使われているのですが、ただ、含有量表示が曖昧なメーカーには注意をしてください。

 

コンシューマー・ラボというアメリカの調査機関があります。
この機関は消費者に代わって健康食品などの成分を分析するという第3者調査機関です。
この、コンシューマーラボの日本支社の調査では、純粋なコンドロイチンを含むサメ軟骨抽出物の含有量は80mg〜120mgは欲しいところですが、多くの製品でその基準値を満たしていなかったそうです。

 

このように曖昧な表示のメーカーもありますから、心配でしたら、コンドロイチン硫酸が入っているグラム数を問い合わせてみることをお勧めします。
曖昧なコンドロイチンのサプリメントを飲んで、コンドロイチンは効かない、となってしまったらメーカーにとっても消費者にとって残念な結果になってしまいますので避けたいものです。

 

スポーツをやっている人は、常にコンドロイチンのサプリメントを飲んでいる人が多いと言います。
健康で快適な生活を送るためにも、是非飲んでみたいサプリメントです。

 

 

>>コンドロイチンの効果を検証しました!


コンドロイチンの成分量には注意関連ページ

コンドロイチンの成分・製造元について
コンドロイチンの成分について製造元などをご紹介します。
コンドロイチンの効能とは?
コンドロイチンは関節のクッションになるだけではなく、保水力も優れており化粧品などにも応用されています。若さを保つためにもコンドロイチンは必要です。
コンドロイチンの副作用について
コンドロイチンの副作用と服用を控えるべき方とは。
コンドロイチンが飲まれている年代は?
コンドロイチンを好んで飲まれている世代は50代の年配の方が多いようです。
コンドロイチンの摂取量と価格について
コンドロイチンは他のサプリメントに比べてお手頃な価格のものが多いようです。