コンドロイチン 効能

コンドロイチンの効能について

コンドロイチン

 

 

サメの軟骨由来のコンドロイチンの効果は大きく多岐にわたります。
ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味を持つコンドロイチンは、熱を加えるとジェル状になります。
そのネバネバした性質が、骨と骨との摩擦を防ぐクッション的役割をして、人間の体内の関節を守ってくれます

 

また、コンドロイチンは人間の「眼球」「角膜」「皮膚」「肝臓」「腎臓」「腱(けん)などにも多く含まれていますし、約60兆個もの細胞を繋げる役割も果たしています

 

コンドロイチンの働きはそれだけではありません。
体内の水分量をコントロールしているのもコンドロイチン硫酸と呼ばれるコンドロイチンの働きです。
人間の体内水分の減少を防ぐことで「老化」を遅らせてくれます。ですから、逆を言えばコンドロイチンの不足は人間の体の老化を早めるということのです。

 

コンドロイチンの保水性は、お肌にも大きく影響してきます。
若い女性がコンドロイチンのサプリメントを飲むのは、みずみずしい綺麗なお肌を保ちたいというのがその理由です。

 

一般に売られているコンドロイチンの多くは、哺乳類や魚類の軟骨などから抽出・精製されたものですが、ごく稀に豚の気管軟骨やサケの軟骨を原料としたものとか、あるいはフカヒレの軟骨から抽出し精製された製品もあります

 

医薬品のコンドロイチンには、サメの軟骨由来のものがほとんどです。
サメの軟骨には特に上質コンドロイチン硫酸が豊富であると言われています。
アメリカ食品医薬品局のFDAでも、その安全性と高い効果が認められ、公式に治療実験薬として使用することも認められています。

 

また、医療の世界では、コンドロイチンはモルヒネの代わりにガンの痛みを押さえるときに使用されたり、関節炎の治療にも使われています。

 

 

>>効果を実感できるコンドロイチンはこれ!


コンドロイチンの効能とは?関連ページ

コンドロイチンの成分・製造元について
コンドロイチンの成分について製造元などをご紹介します。
コンドロイチンの成分量には注意
コンドロイチンの成分量には注意してください。しっかりと含有量が十分にあるコンドロイチンサプリメントを選びましょう
コンドロイチンの副作用について
コンドロイチンの副作用と服用を控えるべき方とは。
コンドロイチンが飲まれている年代は?
コンドロイチンを好んで飲まれている世代は50代の年配の方が多いようです。
コンドロイチンの摂取量と価格について
コンドロイチンは他のサプリメントに比べてお手頃な価格のものが多いようです。