コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

 

グルコサミンと同時に飲まれることが多いコンドロイチン。

 

コンドロイチンはグルコサミンと同時に飲むと、その効果を最大限に引き出すといわれています。

 

ここではコンドロイチンの成分について、その効能・効果などをご説明します。

 

 


コンドロイチンとは記事一覧

コンドロイチンの成分・製造元について

コンドロイチンのサプリメントは、「大正製薬」「サントリー」「協和発酵バイオ」「資生堂株式会社」「ゼリア新薬工業」などの多数のメーカーで製造販売しているサプリメントです。我が国でのコンドロイチンの歴史は浅いのですが、ドイツでは古くからこのコンドロイチンの働きに目を付けて研究がされてきました。コンドロイ...

≫続きを読む

コンドロイチンの成分量には注意

コンドロイチンは、人間の体の関節にある軟骨に存在し、軟骨の30%を占める成分です。粘膜にもコンドロイチン多く含まれているため、関節の病気や、皮膚や目などの粘膜の治療などにもコンドロイチンが利用されています。医療用のコンドロイチンの成分は、サメの軟骨を利用して作られています。サメの軟骨のふかひれは、上...

≫続きを読む

コンドロイチンの効能とは?

サメの軟骨由来のコンドロイチンの効果は大きく多岐にわたります。ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味を持つコンドロイチンは、熱を加えるとジェル状になります。そのネバネバした性質が、骨と骨との摩擦を防ぐクッション的役割をして、人間の体内の関節を守ってくれます。また、コンドロイチンは人間の「眼球」「角膜」...

≫続きを読む

コンドロイチンの副作用について

コンドロイチンの副作用は今のところ取りたてて副作用は報告されていません。元来コンドロイチンは、動物性の食品のフカヒレとかスッポンやスジ肉などの他、植物性の食品では、ヤマイモやオクラ、そしてナメコなどから作られています。いずれも食品由来のため、体にやさしく、健康食品として服用できる成分として扱われてい...

≫続きを読む

コンドロイチンが飲まれている年代は?

コンドロイチンもグルコサミンと同じく、好んで飲まれている世代は50代などの年配の方が多いです。加齢に伴う体の不調は補って快適な生活を送れるようにすることが理想です。また、年配の方ばかりでなく、アスリートのみなさんや、日課のウォーキングを続けている方にも飲まれています。そして、美しくありた若い女性にと...

≫続きを読む

コンドロイチンの摂取量と価格について

コンドロイチンのサプリメントはほとんど副作用がないとは言っても、「過ぎたるは及ばざるが如し」で好ましくありません。説明書に従って正しく飲むことをお勧めします。適している量を飲むことでコンドロイチンのより良い効果も期待できます。コンドロイチンの価格ですが、他のたくさん売られている健康食品やサプリメント...

≫続きを読む